改修積立金がなかった神奈川のマンション

物件の改修工事の理事長としては仕事を全うする

新しく住宅を購入すれば、そのローンに上乗せして残債をローンに組み込む新型ローンを都市銀行などが扱っています。
一戸建てへの買い替えは予算を考えると勤務先をかなり離れなければ難しいため、不便になってしまいます。
売らずにスラム化を待つか、ローンが増えても心配の種が少ないところに買い替えるか選択肢は二つしかありません。
結論はすぐに出ました。
1000万円以上で売れるのなら手放そう。
理事会では修繕工事の費用滞納者への督促など、解決が難しい問題で会を重ねるごとに、雰囲気が沈んでいきます。
熱心な理事の人たちの顔が浮かび、申し訳ない気持ちになりましたが自分の身を守ることが一番です。
私は理事長をやっていたのですが、理事長の仕事はきちんとやろうでも一刻も早く手放せるように明日から動き始めようと思いました。
その晩夫婦でそんな誓いを立てました。
もう物件のことで絶望し続けるのはごめんです。
我が家の希望回復作戦が始まったのです。
それと並行して、物件の改修工事の計画を理事会でとことん話し合っていきました。

修繕ができないマンションの買い替えを考える今住んでいるマンションを手放すことを決意物件の改修工事の理事長としては仕事を全うする